「20代アラサー低スぺ実家暮らしの独女」が人生をとことん楽しむブログ(仮)

アラサーの低スペ独女がどこまで這い上がれるのか!?花嫁修行、ダイエット、仕事、婚活などなど。目指すは30歳までに結婚。絶賛彼氏募集中。

【仕事】真面目であることを辞めるという考え。

生まれた時から真面目系屑として生きてきた私にとっての唯一のとりえは、良くも悪くもクソ真面目であるということ。

要領が悪くてもいい子であれば陰で見てくれる人はいるという信念のもとにずっと生きてきた。

それが自分の持ち味だと思っている。

 

真面目であることは誠実でいいことかもしれないが、ふたを開けてみると実際は頭でっかちで融通が効かないという欠点も存在する。

例えば仕事だと若いのに頭が頑固で自分の中で決めた価値観や正義以外のものは受け入れられなくなっている。

規則を守らない人間は嫌いで多分その態度がモロに顔に出てんだよなぁ。

ざっくり言うと、ずる賢い=悪みたいな。

そういう人が嫌いだし許せない、平等ではない気がして。

 

その真面目でいい子を職場で演じるということがいい事だという自分勝手な「頑張り」の押し付けによって、周りからは融通が効かない扱いづらい人間だと思われているかもしれない。

その「頑張り」というのも自分の尺度でしかなくて、実際に周りに気を遣って要領よく立ち振る舞っている人が他人に与える代価としての「頑張り」とは違うものになっている。

独りよがりの「頑張り」なのである。

 

いい人なのではなくて、ノーと言えない都合のいい人になってしまっているため嫌な仕事ばかりが舞い込んできて、それに全力で向き合ってしまい悪循環に陥って仕事の効率も人間関係もよくない方向に向かってしまう。

 

最近とある案件を何度も発見してしまうことによって気づいた。

たまたま自分が運悪く見つけているわけではない、みんな上手いこと責任を逃れているだけであってそれが私のところに回りに回って来るだけだということに・・・(笑)

 

クソみたいな世の中だわとも思った。

ただこうしてゆっくり考えてみると、弱肉強食の世界だから仕方のないことだとも思った。

要領のいい人間のおこぼれを仕事のできない人間が背負っていく、弱い者が強い者に従うことは仕方のないことだ。

 

責任のなすりつけあいだったり、正直者が馬鹿を見る世の中で、中間の位置に立ち揉まれている中、私の中でプツンと何かが切れた。

 

 

あぁ、真面目であることを辞めてみよう。

 

 

なんだか全てがバカバカしくなってしまった。

そもそもなんで下っ端がいっちょまえに全てを背負った気になっているのか?

なにか前世で私がやらかしたとでもいうのか?

私は幹部の中の一員だとでもいうのか?

 

「○○さんはしっかりしてるからこれからの未来をお願いしますね!」

 

そんな大それたこと知らねぇよ!!!

ただ真面目系屑なだけであって仕事は全然できねぇよ!!!

ていうか、頑張りによって給料が多少上がるとかならモチベ上がるけど上がんないじゃんかよ!!!!!!!!!

なんなんだよ、組織の体制から変わってかないといい人材が育たねぇぞ!!!!!

 

チームワークで集団で動いているのだから、周りに頼ってそれなりに力を発揮していけばいい。

いろんなことを言う人間がいるけれど、話半分で受け流して誰かに任せるという考えも持っていた方がいい。

それなりに社会は回っていくのだから。

自分で背負いすぎるといつか潰れてしまう。

 

スルースキルを磨くためには、自分の中でのブレない考えを常に持っていないと難しい。

流されやすい私にとってはそこが足りないところであり、今後の課題である。

嫌なものは嫌だとはっきり言うことが最大の自己防衛なのだから。

 

決して、真面目である=ダメだという訳ではない。

真面目であることは誇りに思うし、そこはブレない考えとして根底にはある。

そこが持ち味だということは変わらない。

 

ただ、真面目であることを徐々に休んでいって肩の力を抜くことも必要じゃない?

まぁ、なんていうか、こんなバカみたいな社会にのまれて人生おじゃんにするのなんてまっぴらごめんだということ。

図太く生きていこうぜと。